お口の健康維持にはホームドクターが必要です。
お問い合わせ、0178-24-6480


無痛治療
歯医者は痛い・怖いというイメージがありませんか?

一言に無痛治療と言っても全く痛みを感じないようにという事は非常に難しい事です。特に急性炎症や痛みの強い方、お時間のない方、精神的に緊張されている方は痛みの感じ方が強くなっています。しかし、当院では痛みを極力和らげる努力をし、研鑚を積んでおります。

無痛イメージ

痛くない治療のために
1.表面麻酔を併用する
無痛治療を行うために、表面麻酔をまず麻酔を打つ部分に行ってから、麻酔の針を挿入していきます。そうすることにより麻酔の際のチクッという痛みを感じることなく打つことができます。
2.麻酔の液を体温に近い温度にする
麻酔の液が冷たいと体が麻酔の液が入ってきたと敏感に感じてしまいます。体温に近い温度に麻酔の液を設定することで痛みも軽減されます。
3.細い注射針を使用する
麻酔をする時の痛みは、注射針の太さで変わってきます。注射針が細ければ細いほど、針を刺した時の痛みが軽減されます。そのため、当医院では通常よりも細い注射針を使用しています。
4.ゆっくり麻酔の液を入れる
無痛治療を行うためには、麻酔の液をゆっくりと一定の圧で注入しなければいけません。当医院では痛みのない理想的な注射を行うため、電子制御で自動的に注入スピードをコントロールしておりますので、痛みはかなり少なくなります。
5.麻酔が効き始めるには時間が必要です。
麻酔を行ってからすぐに治療を行うと麻酔が効いてない場合がほとんどです。そのために痛いと感じる患者さんが多いのです。人間は、1度痛いと感じてしまうと少しの痛みにも敏感になってしまいます。当歯科医院では、麻酔~治療までの時間を十分にもうけ、麻酔が十分に効いてから治療を行っております。
6.必要に応じて麻酔を追加する。
麻酔の効き具合を確認しながら治療を進めますのでご安心ください。
7.リラックスした状態で治療をうける。
最も大切な事は患者様との信頼関係を築くことだと思っております。信頼関係を築いた上でリラックスして治療を受けていただければ必要以上に痛みは感じないものです。
痛くない治療を行います。安心してご来院下さい
オンラインで簡単診療予約 診療時間 診療日程カレンダー モバルベ