お口の健康維持にはホームドクターが必要です。
お問い合わせ、0178-24-6480


一般矯正
矯正とは?

矯正は、見た目を良くするということも当然ありますが、歯並びの悪さは、 美容の問題以外にも不正咬合、発音障害、むし歯歯周病などの原因にもなります。また、義歯を付ける際、歯並びを治さないと義歯を付けられな い場合があります。歯には、力を加えるとその方向に移動する性質があります。その性質を利用して口の中に様々な矯正装置を入れて歯に一定の力を かけ時間をかけて歯を動かして治療していくものです。

矯正イメージ

不正咬合の種類
  • 食べ物がよくかみ砕けず、胃腸などの消化器に負担がかかる
  • プラーク(歯垢)がたまって、むし歯や歯周病になりやすい
  • 発音障害になる
  • 精神面への劣等感を植え付ける

不正咬合の種類
叢生
(八重歯・乱杭歯)
歯の生える場所が足りないため、凸凹に生えたり、重なり合って生えている状態
開咬
(前歯で噛めない)
奥歯を噛み合せても、上下の前歯が噛み合わない

上顎前突
(出っ歯)
上の前歯が下の前歯より4ミリ以上前方に噛んでいるる状態
下顎前突
(受け口・反対咬合)
噛み合せた時、下の前歯が上の前歯より前に出ている状態

咬み合わせの改善

良い咬み合わせを「正常咬合 (せいじょうこうごう)」、悪い咬み合わせを「不正咬合 (ふせいこうごう)」と言います。不正咬合を改善しないと頭痛、肩こり、腰痛、膝痛など全身のいろいろなところに影響があると言われています。
また、歯並びが良くなると、今までは歯ブラシが届かなかったところまで、歯磨きができるようになり、むし歯や歯周病の予防に繋がります。さらに、食べ物をよく噛んで食べられるようになり、消化や吸収を助け、内面からも健康になります。


”不正咬合”と”顎関節症”の関係

歯並びが悪いとかみ合わせの不都合が生じます。不正咬合は歯やあごに負担をかけ、顎関節症を引き起こします。顎関節症には、あご周辺の筋肉痛、あご関節の痛みや不快感、口を開けるときに”コキッ”と音がして、耳のあたりまで痛くなる、あごが痛くて口を開けないなどの症状のほか、首や手足にまで痛みをともなうことがあります。歯並びが悪いのは美容上の問題だけでなく、口腔衛生と重大な関係を持っています。


矯正装置の審美性

成人の方は、お仕事の関係や外見上の理由で、矯正装置をつける事に抵抗をもっていらっしゃる方が多いと思います。そのような場合には、外から矯正装置が見えない”裏側矯正”という方法もあります。
他にも、矯正装置のブラケット部分が歯になじみ、見えにくくなるタイプのものなどもあり、近年矯正治療への考え方も変化してきています。


矯正装置の審美性

成人矯正の場合、虫歯や歯周病との兼ね合いが大きく関わり、矯正治療のみでの終了は困難な事が多くなります。
歯周病がある場合、合っていない冠などが入っている場合は、矯正治療前にそれらの治療をした後に矯正治療に入るという順番になるケースも挙げられるからです。
また、深い虫歯や歯周病の改善の為に、部分的に矯正治療が必要になるケースもあります。


矯正具の種類

メタルブラケット

メタルブラケット

広く一般的に使われているタイプの、金属性矯正装置です。


プラスチックブラケット

プラスチックブラケット

ワイヤーは金属ですが、ブラケット部が透明で、歯になじみ通常のメタルタイプよりも目立ちにくくなっています。ワイヤー部はメタルタイプと同様のため、同じく高い効果が期待できます。


プラスチックブラケット+エステティックワイヤー

セラミックブラケット

透明のプラスチックブラケットと白いワイヤーで付けている事がわからないくらい目立たず、審美性に優れており、女性に人気の矯正装置です。


エステティックワイヤーについて

エステティックワイヤーは通常のニッケルチタンやステンレスワイヤーの表面に白い材料をコーティングしています。白くコーティングする事で、ワイヤーそのものの強度を保ち白く目立たないする事が出来ます。


矯正症例

CASE 1

  • ケース1【治療前】
  • ケース1【治療後】

CASE 2

  • ケース2【治療前】
  • ケース2【治療後】

CASE 3

矯正症例画像:施術前 矯正症例画像:施術中 矯正症例画像:施術後

CASE 4

矯正症例画像:施術前 矯正症例画像:施術中 矯正症例画像:施術後

CASE 5

矯正症例画像:施術前矯正症例画像:施術中矯正症例画像:施術中

オンラインで簡単診療予約 診療時間 診療日程カレンダー モバルベ