お口の健康維持にはホームドクターが必要です。
お問い合わせ、0178-24-6480


白い歯
歯はどうして変色するの?

歯はもともとわずかに黄ばんだ色をしていたり、飲食によって着色、神経をとった後に歯が黒ずんでしまったりと、変色の原因はさまざまです。このような歯の着色を手軽に落とす方法としてホワイトニングがあります。 ホワイトニング は、健康な歯を削らずに歯を白くする方法で、その種類は、歯科医院で行うオフィスホワイトニング 、おもに家庭で道具を使って行う、 ホームホワイトニングに分けられます。またこれら2つを併用して行う デュアルホワイトニング があり、もっとも効果的な方法です。

変色の原因

ホームホワイトニング

歯形に合わせた専用のマウスピースを作り、自宅でホワイトニング剤を入れたトレーを歯に数時間装着して、歯を白くしていく方法です。低濃度の薬剤を使いますので、長時間かけてじっくりと白くしていく必要があります。(一般的に上顎のみで2週間以上)時間をかける分薬剤が深くまで浸透しますので、オフィスホワイトニングよりも、効果が持続することが特徴です。

ホームホワイトニング

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは忙しい方や、自分でやるのが面倒な方に最適です。ホームホワイトニングよりも、早く効果がでるので、とにかく早く歯を白くしたいという方にお勧めです。ただし、色調により効果が出にくい場合もあれば、一目で白くなったと実感できる場合もあり、さまざまです。ほとんどの場合は、2週間間隔で3回のオフィスホワイトニングを行うと、『歯が白くなった』と実感していただけます。

オフィスホワイトニング

デュアルホワイトニング

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用して行う方法です。単独方法よりもそれぞれの長所と短所を打ち消し合うということで、ホワイトニングの期間の短縮と歯の白さの持続が得られますので、最も高いホワイトニング結果を引き出すことが可能です。白色度・透明感・スピードともに、現在のホワイトニングにおいて一番推奨される方法です。

デュアルホワイトニング

ホワイトニング症例
  • 【治療前】
  • 【治療後】

オンラインで簡単診療予約 診療時間 診療日程カレンダー モバルベ